どうする?急な部屋探し・・・賃貸物件早わかりガイド

会社経営者の税金対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
税金対策は起業したばかりの企業をふくめ、企業にとってはかなり重要になってきます。
最近では自宅をオフィスや店舗にして税金対策をしている企業が増えてきているといわれています。
では自宅をオフィスや店舗にすることによってどのような節税効果が生まれるのでしょうか。
貸事務所や店舗を借りる費用が節減できるほか、家賃を経費に計上することができるというのがまず挙げられる税金対策です。
そのためにできることとしましては、会社と経営者との間で賃貸借契約を結び、実際の家賃支払いもその口座に振り込む必要があります。
さらにそれだけでなく、光熱費なども経費処理できる方法があります。
一番分り易いのが電話代やファクシミリ、インターネットの回線使用は仕事専用のものにして、プライベートのものと分けるという方法でしょう。
できれば電気、ガス、水道メーターなども分けるのが良いですが、賃貸物件などでは難しいので、事部屋部分とプライベート部分の床面積によって按分することもできます。
新聞購読代や買った雑誌なども会社名の領収書を受け取ることによって経費として引き落とすことができるでしょう。
ちなみに経営者の自宅が持ち家の場合でも、会社からの家賃収入は不動産所得になるので家屋の減価償却費や固定資産税、借入金利子などは経費として計上することができるようになっています。
節約した分の金額は、それだけの収入があったと同じことです。
細かいことでもなるべく節約するようにしましょう。

気になる賃貸を知ろう!