どうする?急な部屋探し・・・賃貸物件早わかりガイド

礼金、敷金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめて部屋探しをする際には、分からないことが多く戸惑ってしまうこともよくあります。
例えば賃貸物件にはかならず記載されている敷金、礼金というものがありますが、これらはどのような目的で請求されるのでしょうか。
まず敷金ですが、これは故意や過失によって設備を破損してしまった場合の修繕費用や家賃滞納などに当てられる目的で住み始めに請求されます。
礼金というのは大家さんへのお礼というものですので敷金と違って最後に帰ってくるということがありません。
ちなみに関西や九州では、敷金・礼金ではなく、保証金・敷引とよばれますが、仕組みは大体同じようなものです。
ではこれらの初期費用ですがどれくらい必要になるのでしょうか。
それぞれ家賃の1〜2ヶ月分というのが一般的で、さらに仲介手数料(家賃の1ヶ月分)、前払家賃(入居した月の家賃)とあわせると家賃の6ヶ月分は最低でもかかると想定しておきましょう。
例えば6万円の賃貸物件であっても36万円にもなってしまいますので、初期費用はかなり必要だということを頭に入れておきましょう。
しかし最近では礼金、敷金がゼロという初期費用がかからない賃貸物件も沢山市場に出てきています。
なかなか人気がない物件だったりすると大家さんが早く人に貸したいので礼金を省いているケースもありますが、敷金を家賃に含めて請求して表面上敷金ゼロとしているところもあります。
それで礼金敷金ゼロという場合には注意が必要です。

気になる賃貸を知ろう!

  • By definition. a condominium in damansara is a building or complex of buildings containing a number of individually owned aprtments or houses.