どうする?急な部屋探し・・・賃貸物件早わかりガイド

騒音に関する苦情を予防するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
下見のさいには気にならなかったのに、住んでみると気になってしょうがないというのが賃貸住宅での騒音問題です。
自分が気になる場合にはまだ我慢できる部分もありますが、まわりから騒音を注意されたりするのは気持ちが良いものではありません。
ではなるべく騒音を出さないようにするためにどのようなことができるのでしょうか。
まず賃貸住宅などで問題になりやすいのが足元などです。
それで厚手のカーペットや、防音用のマットを敷くなどして下に住んでいる人から苦情がこないようにしましょう。
隣との接する壁にも防音対策をしておくのも肝心です。
隣との境が壁1枚の場合でもタンスや家具などを置くことによって防音効果を高めることができます。
隣との仕切りに押入れがあるときにも中に物を詰めておくことによって防音効果を高められます。
このような物理的な予防措置に加えて強調できるのが、お隣さんとの人間関係でしょう。
最初に手土産を持ってあいさつに行き、普段からあいさつなどを積極的にすることによって相手の印象を良くしておきましょう。
そうするだけでも向こうからの苦情などを減らすことができます。
賃貸住宅の場合、すべての家にあいさつする必要はありませんが、最低でも両隣と上下階はあいさつしておくようにすると後で助かるかもしれません。
賃貸住宅での騒音トラブルは時には犯罪にも発展しかねないデリケートな問題です。
普段から予防策をとっておくことを心がけましょう。